レンタルDVDコピー大全トップ >  DVDコピートラブル >  DVDへの焼き込みに失敗する原因?

DVDへの焼き込みに失敗する原因?


!! DVD-Rメディアのせいなのか、ライティングソフトのせいなのか、DVDドライブ性能のせいなのか、ことごとく焼きに失敗してしまうのですが・・・・。

ライティング時点では特にエラーが出ないので見過ごしてしまうのですが、いざ再生してみると DVDへの焼き込みがうまく行っていないことが結構あります。
コピーしたDVDが再生できない 参照

これは、ディスクの断片化のせいだったり、ライティング速度のせいだったりで、はっきりとした失敗原因は分かりません。

個人的な経験から言うと、

  • リッピング作業はディスクの断片化が進むので、定期的にデフラグを行ってディスクの空き領域に余裕を持たせる。
  • ベリファイ機能を搭載したライティングソフト(Nero7など)を使用する。
  • ライティング速度を低速(2倍または4倍)にする。
の3点で、なんとか失敗は少なくなっています。

ベリファイ機能が無い場合は、焼いた DVDは正しく読み込めるか別途チェックしてみたほうが良さそうですね。

チェックするのは時間もかかるし、面倒なのですが、でも、せっかくレンタルした DVDがちゃんとコピーされてないのは悲しすぎますので、是非やっておきましょう。

DVDの詳細な分析を行う

Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Buzzurl(バザール)に追加 livedoorクリップに追加 FC2ブックマークに登録 ≪ 前の記事 |

ファイナルデータ8.0なら読めなくなったDVDデータも修復できる?!
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVD CDレンタル」ぽすれん
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!

注意 当サイトで公開されている手法はあくまでも個人の私的利用を目的としたものです。
複製物を他人へ譲渡したり、一般へ公開することは法律で固く禁止されています。
DVDをリッピングソフトを使用してコピーすることは違法ですか?(法務ネット)


DVDコピートラブル

リッピングに成功しても、DVDの焼きに失敗してしまうことが実に多いのです。これらの失敗の要因について記述してあります。

関連エントリー

データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)について  コピーしたDVDが再生できない  DVDへの焼き込みに失敗する原因?