レンタルDVDコピー大全トップ >  ハードディスクの保守 >  デフラグの実行方法

デフラグの実行方法


!! 断片化が進んだディスクはリッピングに失敗する可能性が高くなるので、定期的にデフラグを行いましょう。

「マイ コンピュータ」 を右クリックして、コンテキストから 「管理」 を選択し、左メニューの「ディスク デフラグ ツール」を選択します。

クリックで拡大

「コンピュータの管理」画面で、選択し、[分析] ボタンを押すと、最適化が必要な場合は以下のようなダイアログが出てくるので、[最適化] ボタンを押します。

分析


分析結果はどうでしたか?まっかっかになってませんか?
断片化はディスクの老化を早める原因になり、あまり放っておくとハードディスクの故障につながりますので、定期的に最適化(デフラグ)を実行して、「青」の部分を増やしてください。

断片化が進んだ状態では、リッピングデータをハードディスクへ吸い出す際の失敗に繋がります。

最適化が完了すると、以下のメッセージが出ます。

クリックで拡大

すべてのファイルが最適化されるわけではない(完全に「赤」が消えることはない)のですが、断片化が進んでいたと感じられる方は、複数回、最適化を実行してみてください。

Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Buzzurl(バザール)に追加 livedoorクリップに追加 FC2ブックマークに登録 次の記事 ≫

ファイナルデータ8.0なら読めなくなったDVDデータも修復できる?!
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVD CDレンタル」ぽすれん
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!

注意 当サイトで公開されている手法はあくまでも個人の私的利用を目的としたものです。
複製物を他人へ譲渡したり、一般へ公開することは法律で固く禁止されています。
DVDをリッピングソフトを使用してコピーすることは違法ですか?(法務ネット)


ハードディスクの保守

リッピングを行うとどうしてもディスクの断片化が進んでしまいます。これはリッピングを行う上での障害となってしまうので、ハードディスクは定期的に保守しましょう。

関連エントリー

デフラグの実行方法  HDDの空き容量を増やす