レンタルDVDコピー大全トップ >  ハードディスクの保守 >  HDDの空き容量を増やす

HDDの空き容量を増やす


!! ハードディスク(HDD)の空き容量が少ないのもリッピング失敗の原因になりますので、いらないファイルは削除しましょう。

既に DVDに書き込み済み等、不要になったリッピングデータがハードディスクに残存したままではないですか?
消し忘れてディスクを圧迫していることがままにありますので、適宜削除しましょう。

あとは、大量の空き領域を作れるわけではないのですが、Windows上の不要ファイルを削除&圧縮できるクリーンアップツールも試してみてください。

「マイ コンピュータ」 をクリックし、「ローカル ディスク」を右クリック、コンテキストから 「プロパティ」 を選択します。

「ローカル ディスクのプロパティ」画面の 「全般」 タブの [ディスクのクリーンアップ] ボタンを押します。

ハードディスク クリーンアップ

すると、空き領域の分析の後、以下のような画面が出力されます。

ハードディスク クリーンアップ

削除するファイルリストの中から不要なものを選択して [OK] ボタンを押します。

Temporary Internet Files などはすぐ増えてしまうので、消しても気休め程度にしかなりませんが、ログ・一時ファイルの削除や古いファイルの圧縮くらいは、定期的に行っておくと良いでしょう。

Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Buzzurl(バザール)に追加 livedoorクリップに追加 FC2ブックマークに登録 ≪ 前の記事 |

ファイナルデータ8.0なら読めなくなったDVDデータも修復できる?!
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVD CDレンタル」ぽすれん
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!

注意 当サイトで公開されている手法はあくまでも個人の私的利用を目的としたものです。
複製物を他人へ譲渡したり、一般へ公開することは法律で固く禁止されています。
DVDをリッピングソフトを使用してコピーすることは違法ですか?(法務ネット)


ハードディスクの保守

リッピングを行うとどうしてもディスクの断片化が進んでしまいます。これはリッピングを行う上での障害となってしまうので、ハードディスクは定期的に保守しましょう。

関連エントリー

デフラグの実行方法  HDDの空き容量を増やす