レンタルDVDコピー大全トップ >  レンタルDVDコピー方法:DVD Shrink 編 >  DVD Shrink 使い方

DVD Shrink 使い方


!! ここではリッピング定番のフリーソフト「DVD Shrink」の基本的な使い方をご説明しています。

DVD Shrink 導入&設定はこちらから

リッピングしたいDVDをドライブに挿入し、DVD Shrink を立ち上げます。

左上の [ディスクを開く] アイコンを押すと、以下のようなダイアログが出るので、DVDドライブを指定して [OK] ボタンを押します。
ここではハードディスクにコピーしてある VIDEO_TS を指定することもできます。

DVD ディスクを開く

すると、DVDの分析が開始されますので 3分程度待ちます。

このとき、以下のように非参照素材が存在するような場合は、DVD Shrinkではリッピングできない可能性があります。

クリックで拡大します。

このような非参照素材にアクセスすると DVD Shrink自体がハングアップすることがあるので DVDFab Decrypter を使ってリッピングを行ってください。
非参照素材があってもアクセスできる(ハングアップしない)ものもたくさんあるので、そういった場合は問題ありません。

DVD Shrinkでリッピングできない代表的なものでは、ブエナ・ビスタ(「デスパレートな妻たち」等)やユニバーサル・ピクチャーズ(「インサイド・マン」とか「マイアミ・バイス」等)から出ている DVDがこれに該当することが多いです。


分析が完了したら、[バックアップ!] アイコンを押します。
すると、以下のような「DVDのバックアップ」というダイアログが出てきます。

DVD Shrink 使い方

  • 出力先デバイスの選択: でお好きな出力形式を選択するのですが、ここでは「ハードディスクフォルダ」を選択します。
  • DVD ファイルの出力先フォルダを選択: で、リッピングデータ(約 5GB必要)の出力先を指定します。
  • VIDEO_TS と AUDIO_TS フォルダを作成する には、必ずチェックを入れてください。

映像品質を向上させたいときは、「品質設定」タブの以下の2項目にチェックを入れてください。
右下の「これらのオプションについて」リンクで設定の詳細が説明されています。
(これを設定すると、とにかく時間がかかります・・・・。私は基本的に設定しませんが・・・・。)

DVD Shrink 使い方

ここまで設定ができたら [OK] ボタンを押します。
これで、エンコードが開始されます。

エンコード中、まれに「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)」が発生してしまう場合がありますが、この原因と思われる事柄を下記ページにまとめてあるので、ご参照ください。
エンコード中にデータエラー

これでリッピング完了です。

DVD Shrink 使い方

DVD Shrink は、片面2層の DVDも 4.7GBに圧縮してくれているので、あとは、この取り出したデータをお使いのライティングソフトで焼くだけです。
ベリファイ機能が搭載されているライティングソフト(Nero など)だと、焼きの失敗が減るので安心です。

Nero Express でDVDに焼く

Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Buzzurl(バザール)に追加 livedoorクリップに追加 FC2ブックマークに登録 ≪ 前の記事 | 次の記事 ≫

ファイナルデータ8.0なら読めなくなったDVDデータも修復できる?!
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVD CDレンタル」ぽすれん
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!

注意 当サイトで公開されている手法はあくまでも個人の私的利用を目的としたものです。
複製物を他人へ譲渡したり、一般へ公開することは法律で固く禁止されています。
DVDをリッピングソフトを使用してコピーすることは違法ですか?(法務ネット)


レンタルDVDコピー方法:DVD Shrink 編

DVD Shrink を使ってレンタルDVDをコピーする方法です。Nero Express でDVDに焼く方法や DVD Shrink のエンコードエラーまで解説しています。

関連エントリー

DVD Shrink 導入&設定  DVD Shrink 使い方  DVD Shrink エンコード中にデータエラー  Nero Express でDVDに焼く  DVDの詳細な分析を行う