レンタルDVDコピー大全トップ >  レンタルDVDコピー方法:DVD Shrink 編 >  DVDの詳細な分析を行う

DVDの詳細な分析を行う


!! DVDメディアへ正しく書き込まれているかどうかの詳細な分析を行います。

個々でリッピングデータを焼き込んだ DVDなど、メディア自体になんら欠陥がないかどうかをここでチェックをすることができます。
レンタルDVDのコピー後に詳細分析を行っておくとより安全です。

チェックしたい DVDメディアをドライブにセットし、DVD Shrink を立ち上げます。

左上の [ディスクを開く] アイコンを押して、DVD を読み込んだあと、次に [詳細な分析] アイコンを押すと以下のようなダイアログが表示されますので、[はい] ボタンを押して分析を開始します。

詳細な分析

※このチェックは、リッピングに要したのと同じ位の時間がかかってしまいます。

焼き込みに失敗していたり、何らかの損傷があるような場合、エラーメッセージを出力して分析処理が中断されます。

大抵の場合は 『データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)』 だと思うのですが、個人で焼いた DVDの場合はデータを救済できる可能性は極めて低いため、その DVDは捨てて新しく焼きなおす必要があります。

詳しくは別頁にも記述してあるので、そちらを参照してください。
データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)について


[詳細な分析] ボタンを押して以下のようなダイアログが出力される場合は、一度正常にチェックが完了しているということですので、分析の必要はありません。

詳細な分析完了

Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Buzzurl(バザール)に追加 livedoorクリップに追加 FC2ブックマークに登録 ≪ 前の記事 |

ファイナルデータ8.0なら読めなくなったDVDデータも修復できる?!
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVD CDレンタル」ぽすれん
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!

注意 当サイトで公開されている手法はあくまでも個人の私的利用を目的としたものです。
複製物を他人へ譲渡したり、一般へ公開することは法律で固く禁止されています。
DVDをリッピングソフトを使用してコピーすることは違法ですか?(法務ネット)


レンタルDVDコピー方法:DVD Shrink 編

DVD Shrink を使ってレンタルDVDをコピーする方法です。Nero Express でDVDに焼く方法や DVD Shrink のエンコードエラーまで解説しています。

関連エントリー

DVD Shrink 導入&設定  DVD Shrink 使い方  DVD Shrink エンコード中にデータエラー  Nero Express でDVDに焼く  DVDの詳細な分析を行う