ストリーミング保存大全トップ >  ストリーミング再生方法 >  ストリーミングの仕組み

ストリーミングの仕組み


!! ストリーミングって、聞いたことはあるけれど、実は何のことかよく分からない・・・・。

ストリーミングとは、配信データ(パケット)を受け取ると同時に再生できる仕組みのことです。

これまでインターネットで映画を観る場合、映画1本数ギガバイトの動画ファイルをいったん自分のハードディスクにダウンロードしなければなりませんでした。

会社に行く前にダウンロードして出かけたのに、帰ってきてもまだダウンロード中だったなんてこともあるうえ、何の恨みがあるのか、途中でよく失敗するのです。

ストリーミングとは、動画ファイルをPCのハードウエアにダウンロードするのではなく、動画ファイルはパケット単位に分割して送信され、PCのメモリに蓄積 (バッファリング)され、そこからすぐに再生されていきます。

再生し終わったパケットは順次メモリから破棄され、ハードディスクなどにデータが残ることはありません。
一時停止も、早送りも、巻戻しも自由自在に行うことができます。

ただ、これらダウンロードとストリーミング双方の方式にも一長一短があります。

ダウンロード方式の場合は、多大なダウンロード時間とハードディスクを消費する代わり、 ネットワークトラフィックに左右されることなく、常に安定した状態で再生できるというメリットがあります。

一方ストリーミング方式は、ネットワークから流れてくるパケットデータを拾い続ける訳ですから、ネットワークの状態が悪かったり、回線速度が足りないとうまく再生されないことがあります。
しかも、受け取ったパケットは即時に解析処理されるため、再生するパソコンにある程度の処理能力がなくてはなりません。

光ファイバー導入済みで CoreDuo のパソコンを持ってるとか言うパワーユーザは、ダウンロードであろうがストリーミングであろうが、特に問題にはなりませんが、ご自分の環境がストリーミングに適しているかなどは、次のページでまとめてありますので、参照してみてください。

Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Buzzurl(バザール)に追加 livedoorクリップに追加 FC2ブックマークに登録 次の記事 ≫

ストリーミング保存・録画ソフトMPX Gyao、YouTubeなど主要サイトに対応
チューブとニコニコ録り放題。人気動画サイトからも動画をダウンロード!
So-netならインターネットだけでなく、テレビも楽しめる!スカパーだってOK!


ストリーミング再生方法

あなたのパソコンやインターネット環境はストリーミング映画を楽しむのに適していますか?ストリーミングの基礎から再生中に起こるトラブルまでまとめてみました。

関連エントリー

ストリーミングの仕組み  ストリーミングの種類  ストリーミング再生PCに必要なスペック  ストリーミング配信帯域って何?  ストリーミング再生中のトラブル