ストリーミング保存大全トップ >  ストリーミング再生方法 >  ストリーミング再生PCに必要なスペック

ストリーミング再生PCに必要なスペック


!! ストリーミング再生中に画面が真っ白になって、フリーズしてしまうんだけど・・・・。
もう、マウスもキーボードも利かないし・・・・ というような経験はありませんか?

実はこのようにフリーズ状態になるのは、プロセッサの処理能力の限界なのです。

ストリーミング再生時には、バックグラウンドで複雑な演算処理が実行される関係で、ある程度の処理能力があるパソコンでなければスムースに動画を再生することができません。

再生時にパソコンがカリカリ音を立てて、やけにうるさくなるのはそのせいです。
なので、パソコンのスペックが高ければ高いほど、快適に視聴することが出来るのです。

では、どれくらいのスペックが必要なのでしょうか?

ストリーミング再生に必要なパソコンのスペックは各コンテンツプロバイダの推奨環境を見る限り、だいたい CPU が Intel Pentium III (800Mhz)、メモリが 512MB 以上と謳われているようです。
これですとおそらく、ここ2年内くらいに購入された、WindowsXP 標準搭載パソコンだと、若干メモリが足りない感もありますが、概ね問題ないと思われます。

常駐サービスやネットワーク環境など、個々の設定によって環境が違ってくるため、一概に保障できるものではないのですが、当方が同等のパソコンで再生してみた結果、256MB 程度の搭載メモリでも、見れることは見れます。

結構、ストレスが溜まりますが(笑)。

ただでさえ XP というのは、旧OSに比べると大量のリソースを消費してしまうので、常駐ソフトや不要サービスを停止するなどしてみると、多少、リソースが改善されるようです。

興味がある方はタスクマネージャを立ち上げて、パフォーマンスを見ながら再生してみてください。
CPU使用率が100%近くで張り付いたまま動く気配がなければ、パソコン自体のスペックを見直す必要がありそうです。

ちなみに次にパソコンを購入することをお考えなら、 「Intel Core Duo」 搭載のものが良いかと。
おそらく 2007年1月に販売される Windows Vista は、コレくらいのCPUパワーがないとまともに稼動しません。


PCのスペックを見るには:

デスクトップ上の「マイ コンピュータ」アイコンを右クリックして、 メニューから「プロパティ」を選択、「システムのプロパティ」画面の「全般」タブで確認できます。


CPU使用率を見るには:

タスクバーを右クリックして、メニューから「タスク マネージャ」 を選択、「パフォーマンス」タブの「CPU 使用率」のパーセンテージから確認できます。

Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Buzzurl(バザール)に追加 livedoorクリップに追加 FC2ブックマークに登録 ≪ 前の記事 | 次の記事 ≫

ストリーミング保存・録画ソフトMPX Gyao、YouTubeなど主要サイトに対応
チューブとニコニコ録り放題。人気動画サイトからも動画をダウンロード!
So-netならインターネットだけでなく、テレビも楽しめる!スカパーだってOK!


ストリーミング再生方法

あなたのパソコンやインターネット環境はストリーミング映画を楽しむのに適していますか?ストリーミングの基礎から再生中に起こるトラブルまでまとめてみました。

関連エントリー

ストリーミングの仕組み  ストリーミングの種類  ストリーミング再生PCに必要なスペック  ストリーミング配信帯域って何?  ストリーミング再生中のトラブル